羽田国際ターミナル その2 

羽田空港の国際ターミナルで、個人的に一番ヒットだったのは、
マスコットのカスタム君。
takayama_101029_01.jpg目がパチパチ動いてた。
足の裏にタッチパネルディスプレイを付けて、クイズとか情報端末にするっていう発想にやられた。


先日、羽田空港の、かなり混雑した写真を載せたけれども
人の流れには、大きな2極化がある。

4Fレストランと5Fショップフロアは、まっすぐ歩けないほどの人で混雑しているけれど、
実のところ、2F到着ロビーと3F出発ロビーは、ガラガラで、ほとんど人がいない。
takayama_101029_02.jpg荷物を預けるカウンターにも、だ~れもいない。
職員も少ないし、まったく機能していなさそうな列も。
takayama_101029_03.jpg同じ建物とは思えないほどの密度の違い。
国際線オープンで盛り上がっているように見えて
空港としては機能していないんじゃないかと、かなり不安になってしまった。
takayama_101029_04.jpg

パンフレットを配っていた職員さんに聞いてみたところ、
現在のダイヤは、ターミナル移転前の古いダイヤなので、本数も少ないとのこと。
今月の31日から、新ダイヤが始まり、本数もかなり増えるらしい。

まぁ、前の小さなターミナルでさばいてた本数を、この大きな新ターミナルに
そのままもってくれば、こんなガランとした感じになるのかも、うなずける。
現在は、プレオープンみたいな感じかな。

とは言え、話した感じだと、来月からいきなり混み合うというほどの本数でもないらしい。
これから、どの程度の路線を誘致できるかによって、羽田空港のハブ空港としての価値が問われるのだろう。

また、広くなったとは言っても、前のが狭すぎたという話で、
成田空港の国際線にくらべれば、はるかに狭い。
今後、羽田が国際的にハブ空港として軌道にのってきた場合、この程度の広さではどうにもならないだろう。
その場合、またターミナルや滑走路を増設する必要があるのだろうが、
ここで謎なのが、新しくできたD滑走路の位置だ。
takayama_101024_08.jpg単純に南側に増やさずに、何故か、あの位置。
井型?とか言われて、飛行線が交差するので、管制がかなり複雑になり、
事故の危険も増したのだとか。
風向きとか、地盤だとか、何か単純には増やせない理由があるのかもしれない。
おかげで、家のベランダから見える河口がすごく狭くなったわけだが(泣
まぁ、それはいいとしても、今後第5、第6の滑走路を増やすことはできるのだろうか。


働く職員のサービスは、かなり良いと感じた。
家族連れの母親が写真を撮っていたら、撮りましょうか?と声をかけている人を見かけたり、自分がダイヤのことを聞いた人も、かなり丁寧に対応してくれた。
さすがは日本のサービス。

 



 

投稿されたコメント[6] 

我が社の所管でもありますので、少しだけ補足。
国際線ターミナルはすでに、再拡張の計画があるらしいよ。
<参考記事>
◎羽田、国際線用旅客ターミナルを再拡張へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101026-OYT1T00650.htm
 国土交通省は26日、32年ぶりに国際定期便の運用を再開する羽田空港の新国際線旅客ターミナルを、2013年度をめどに再度拡張する方針を固めた。
 国際線発着枠が13年度に一段と増え、混雑が予想されるためだ。羽田は拡張でビジネス需要を取り込むとみられ、観光需要を主とする成田空港との新たな国際線のすみ分けが進みそうだ。
 国際線の再拡張は、出発ロビーなどがある国際線ターミナルを増築する。さらに、国際線ターミナルの北側、夜間の駐機場となっている場所に、新たなターミナルを建設する。国際線ターミナルと国内線ターミナルを結ぶ空港アクセス道路をまたぐ構造で、国際線ターミナルとL字形につなげる。搭乗口は現在の10か所から計20か所程度に倍増させる。総工費は1000億円を超えるとみられる。
(2010年10月26日14時39分 読売新聞)



羽田空港へは、ほとんどの道府県から路線がある。

こりゃ、世界へのアクセスのハードルが一気に下がるね。
ロスから日本に帰る人は、もう成田使わないんじゃないかな。
羽田便安い。



今年のカナダ旅行で、開通したばかりのスカイライナーに
乗車してみたんだけど、これがかなり快適。
2,400円は安くないけれど、南千住に住んでいる私にとっては、
日暮里から40分足らず、しかもノンストップで
成田空港まで行けるとなると、実は羽田に行くのと
そう変わらなかったりするんだよな、これが。

高山君ところからだと、当然羽田の方が便利やろうけどね(笑)

アジア方面に向かうのに深夜便で飛んで翌朝につく、
ていうのが売りらしいけれど、
へたすると、「バンコク出張、日帰りで」とか言われるように
なったりするのかね。
ビジネス需要を見込むってことは、そういうことなんかね。

前にもちょっと書いたけど、何でもかんでも最短距離で結ぼうとすると
窮屈になってしまうような気がするなあ・・・



そういえばこの「カスタム君」、さんまのまんまのあのキャラのパクリではないかと一時話題になったみたい。言われてみれば・・・

http://www.oricon.co.jp/news/movie/73147/full/



>深夜妻様
俺は、あと10年は飛行機中心で、その後は船中心で世界各国を巡りたいと思っています。ま、船では、まだ韓国の釜山にしか行ったことありませんがね・・・。

>井原
船は船で、やっぱ結構遠洋航海はきついのでしょうかね。

>深夜
我々も、「長州の風」のマスコットを考案する必要があるな。
年末までにちょっとアイデアを練っておきます。



カスタム君、着ぐるみがハニワにしか見えないんだけど。。。
まんまが宇宙犬ってのにもびっくりだ。



コメントをお願いします 

Name:   ※必須(ニックネームでOK)
 名前を記憶
コメント:(HTMLタグは使用できません)