小迷宮・京急蒲田駅 

先週から、京急線の大幅なダイヤ改正が行われました。
京急蒲田駅が立体交差化(高架化)されて、電車が高い場所を通るようになりました。

takayama_100522_1.jpg

これによって、下の踏み切りに電車が通らなくなり、渋滞が減るとか。
takayama_100522_2.jpg

下の踏み切り、普通に閉まってるじゃないか(笑


どうやら、段階的に工事を行っていくらしく、現在は上も通れば、結局下も通るらしい。
たぶん最終的には、下の踏み切りはなくなるのだろう。

ところが、この段階的にってのが問題で、現在の京急蒲田駅はちょっとした
小迷宮と化している。


もともと、この駅は1つのホームから、3方向へ電車が走るという意味不明な駅ではありました。
1番線が、品川方面・横浜方面・羽田空港方面の電車が通るので、来た電車に確かめずに乗ると、どこに着くのか分からない。

今回も、1つのホームで複数の方面に行くのは変わらないが、2方向までには減った。

ただし、、、

takayama_100522_3.jpg家に帰るために、羽田方向のホームへ移動。
うんうん、4番線ですね。

  。。。時刻表に載ってる電車が来ない。。。

な ん と
takayama_100522_4.jpg
羽田方面へ行くホームが2つあるw  1番線と4番線。

しかも、普通・急行・快特などでホームが分かれているわけでもなく、急行でも1番線だったり4番線だったり。
さらにホームが違うと、駅の階数が違う(泣
どっちに行けばいいんだ!?

時刻表は同じもので、小さく赤い点が打ってるほうが何番線だとか。
これも分かりにくい。

そして、3番と5番ホームが存在しない。
ハリーなんちゃらの幻のホームか!


乗り換えするにも標識が分かりにくく、駅員さんに聞いている人を見かける。

事の発端は、羽田空港の第4滑走路ができるために、品川~羽田の本数を増やしたかったのが、本数が増えると踏み切りの閉まっている時間が増えるので、高架化&駅改修ってことだろうけれど。

なかなかおもしろいことになっている京急蒲田駅。
これは、最終的に分かりやすい駅になるのか?
というか、現状これでいいのか???

 



 

投稿されたコメント[3] 

終電の乗る時間でホームで迷子になったら、
ヘタすると、帰宅難民になりそうやね。(笑)



なんかすごいことになっとるなー。

海外からの観光客の乗り換え駅でなかったことが、せめてもの救いじゃな。



まぁ、大抵は品川から直通の急行羽田行きに乗るからいいんだけど
快特で京急蒲田で乗り換える場合は、どっちに行けばいいのか謎ですな。



コメントをお願いします 

Name:   ※必須(ニックネームでOK)
 名前を記憶
コメント:(HTMLタグは使用できません)