ブラウザの言語から表示するサイトを分岐 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

ページの言語切り替えボタンが、サイト右上にありますが、日本語と英語でアドレスが違います。(index.phpとindex_en.php)

index_en.phpを登録してもらうのも手間なので、同じhttp://www.chosyu.jp/にアクセスすれば、ブラウザの言語設定を見て、自動で分岐するように変更しました。

JavaScriptでもできるのですが、JavaScriptを読み込んでからの実行になるので、一瞬飛ぶ前の画面が出てしまいます。
というわけで、PHPで実装しました。
 

 

長州ビューア:FLASHからhighslideを機動する方法 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

写真ビューアの開発メモ
開発の手順は、大きく3つ。

1.FLASHをがしがし作る
2.SWFObjectでSWFを読み込む
3.FLASHからhighslideを起動して画像を開く

 

 

記事に絵文字を使えるようにしました 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

記事投稿時に、絵文字を挿入できるプラグインを追加しました happy01

こういうプラグインは何個かありますが
シンプルで簡単そうな(一番最初に検索でヒットしたw)こちらをチョイス good

takayama_100612_1.jpg

Kickstart my heartさん: MTでも絵文字使おうぜプラグイン、アリマス

<img>タグを追加してくれるプラグインです。

追加するときに、通常はマウスカーソルの位置に挿入されますが、たまに記事の先頭にコードが書き込まれることがあるので、コピペで表示したい場所に移動してください。

文章と絵文字の間に、半角スペースを入れておくと、バランス的にいい感じ heart01

takayama_100612_2.jpg

 

 

画面が白いまま表示されない問題とサイト高速化 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

このサイトの初回表示時に、5秒くらい画面が真っ白で、何も表示されない状態が続く問題が、ず~っと起こっていました。
何故か、表示が異常に遅いときがありました。

1回表示すると、次からは普通に表示されますが、30分くらい置いて表示すると、
真っ白問題が再発。

謎な現象でしたが、たぶん解決。

 

 

MT4.2で長いタイトルをトリミングするプラグイン 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

Movable Typeで長い文字列をトリミングするにはtrim_toというフィルタが用意されています。
ただ、このtrim_toは半角英数字も日本語も、同じ1文字と数えてしまうので
見た目で同じ長さにはなりません。

文字数を半角文字数で指定するプラグインもありましたが、MT4.2で動作しなくなってしまったので、ルーチン的には邪道っぽいけど、自作してみました。
そのうち、きちんと文字数を数えるバージョンを作ろうと思ってたけど、
動いてるからいいや(笑

# ver0.02 09.12.17: 英語の大文字は幅が広いので全角文字として計算
# ver0.03 09.12.19: パターンマッチ方法を修正
# ver0.04 09.12.19: 英語の大文字のうちIは除外

TTrim 0.04
1.ダウンロードしたファイルを解凍して、"plugins" フォルダにアップします。
2.ttrim_to="半角文字数"で切り取る文字数を指定します。
例:<mt:entryTitle ttrim_to="24">

動作環境
Movable Type 4.2
文字コード:UTF-8

 

 

テンプレートが吹っ飛んだ 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

システム系のテンプレートがお亡くなりになりました。

アップデートのときかなぁ。。。


追記:
ネットで検索すると、同様の症状がちらほら。

どうも、pluginsフォルダとmt-static/pluginsに、元にしたテンプレートを置いておかないと、システムテンプレートのコメントプレビュー、コメント完了、ダイナミックパブリッシングエラー、ポップアップ画像、検索結果が死んでしまうらしい。

MTのアップデートの際に、テンプレートをコピーし忘れたのが原因。
というか、そんなの必要だと思わなかったよ。。。

元のテンプレートを削除等でなくしてしまった場合、
これを復旧する手段はない

サポートに確認してみたところ、新規でシステムテンプレートを作成することはできないとのこと。
どこかのサイトで、データベースを直接いじって復旧できたって記事はあったけど。

このサイトは、小粋空間さんの"KoikikukanTemplateSet"を使用しているけど
どこかの段階で、バックアップした"templateset_chosyu"をあてがってしまったので
今後、アップデートの際にtemplateset_chosyuをなくしてしまうと、復旧が不可能になってしまう。

システムテンプレートが新規で作成できないのは、Movable Typeの仕様設計ミスだと思うけど、サポートの方でも対応する気はないらしいので、しかたがない。

 

 

プログラムソースを綺麗に表示するプラグイン 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

ソースコードを綺麗に表示し、行番号とかも追加してくれる便利なJavaScript、
dp.SyntaxHighlighter

さらに、スクリプト記入部分をある程度自動化してくれる
kwLogさん: SyntaxHighlighter for Movable Typeを導入してみました。
// Cソース表示
int a = 10;		// 変数A
int b = 20;		// 変数B
int c = a + b;	// 合計
なにげに、結構大変だったのでメモをのこしておきます。
 

 

サイドバーのコメント一覧を破線ツリー表示 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

サイドバーのコメントやトラックバック一覧のリストを破線にしたい。
画像を用意すればいいんだろうなとは思うけれども、実作業に入る前にググってみる。

StarBrotherさん:Movable Type サイドバーのツリー表示

各リストごとに、書き換える場所が明示されているので分かりやすいです。
画像も小粋空間さんのページへリンクが貼ってありました。


ちなみに、ひとくちメモのカテゴリは、トップに上がって他の記事を流さないように、日付を過去にしています。

 

 

メールフォーム 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

blogの場合、レイアウトがcssで組まれているので、
既存のCGIプログラムを中央画面に表示するのが、意外とめんどくさい。

よく使うはずのメール送信CGIは、いろんな所で配布されているけれども
ブログにどうやって組み込んだらいいのか、ちょっと迷うところ。

ブログ用のメール送信CGIがないものかと探していたら
プラグインとして実装されているものがありました。

The blog of H.Fujimoto: メールフォームプラグインV2.10の使い方

このサイトには、他にも便利なプラグインが大量に公開されているので
ちょくちょく探してはインストールしています。


今は、iframeとJavaScriptを組み合わせて、ごちゃごちゃやった結果
掲示板CGIを、ほとんどそのまま使うことができたので
大抵は何のCGIでも使えそう。

店情報の登録とかは、何かCGIを探してきた方がいいだろうなぁ。

 

 

コメント記入時に「名前のみ必須」にする 

This entry has not been translated yet.
Please wait.

Movable Typeは、コメントを受け付けるときにメールアドレスと名前は必須にできるが
どちらか1つだけを必須にするという設定がない。
かなり謎な仕様。

大抵はメールは任意で、名前入力のみ必須にしたいと思う。

プラグインがあるかと思って探したけれど、見つからなかったので
仕方ないので、ファイルを直接変更して改変。
これをやると、MTをバージョンアップしたときに、やり直さなければいけない手間があるけど仕方ない。

WingMemo: コメント記入時に「名前のみ必須」にする

いつものごとく、先人のカスタマイズを拝借。
ありがとうございます。